So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

道具4スタンスの維持 [知的障害者の指導]

スキーをプルーク状に保つためのパーツ、トップとテール部分

今現在でも存在しますが、
瞬間に力が掛かるため完成品とは至らないと思います。

トップの部分に固定器具を装着し
トップが開かないようにするものがあります。

問題はテールの制約が出来ないため
プルークを維持できないのです、

ここをクリァーできれば、スタンスの維持は可能です。


nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

道具3 [知的障害者の指導]

一つは直ぐにも容易出るものですが残りのものは、
持ち運びの面と、安全性の問題を克服しないと利用できません。

アイデアは持ち合わせていますが
細かいところで難があります。
メイカーなどとのタイアップも思考しています(スポンサー募集“笑”)

○肘が下がらないための、プロテクターのようなもの
気持ちが萎えてしまえば、一番先に手を付こうとします。
バランスを取る上で何より大事なところです。
その感覚を養う必要があります。

ここでの条件としては、
肩から指先までの、
腕の力の向かう方向感覚を学ばせることが目的となります。

腕が上がる意味、下がる意味、そして力の向かう方向を感覚として吸収させる。
脱着が容易で安全であることを条件に考えています。

サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

道具2 [知的障害者の指導]

以前、手近にあったビニールの太目の紐を使ったのですが、
安全性から考えても、もっと工夫したいと考えました。

○身体を支えるためのバンド

○肘が下がらないための、プロテクターのようなもの
気持ちが萎えてしまえば、一番先に手を付こうとします。
バランスを取る上で何より大事なところです。
その感覚を養う必要があります。

○腰が引けないための、プロテクター
次に反応しやすい部分で、支えになる道具の考案が必要です。

○膝が砕けないためのプロテクター
膝を保っていられなければ、立っていることさえ出来ません。
力の抜けた状態は非常に危険な状態です。
抵抗が柔軟になった部分に掛かるため怪我につながり易いのです。

○スキーをプルーク状に保つためのパーツ、トップとテール部分
言葉で分かっていても表現するのは中々難しいと思えます。
強制的に形を作り感覚で吸収してもらうと言う事です。

サロモン スキー X-Wing 5 +610 160センチ

サロモン スキー X-Wing 5 +610 160センチ

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN  ブラック

サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN ブラック

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。