So-net無料ブログ作成

道具 [知的障害者の指導]

この先は体力と根気の勝負になります、教える側、教えられる側双方にと言うことですが。

一般的なカリキュラムを消化出来るならば問題は無いのですが、反応に時間を要する生徒には効率の良い方法を考える必要があります。

具体的に言えば道具を使うと言うことです、
現在でも、道具を使って指導に当っているスキー学校があるようですが、

スキーはやはり危険を伴いますのでそういう意味でも道具を駆使することは必要になってくると思います。

一例としては、体をロープのようなもので固定し安全を確保すると言ったものですね。

この道具を使うと言うことですが、この辺が私の目指している所でもあります。

○説明に時間を要さない。
     個人差はありますが、理論を理解させようとすると時間が掛かりすぎる。

○身体の反応をリカバリーする道具。
運動生理学を熟知する必要がある。
○安全を確保する。
見た目に違和感の無い工夫をしたい。

道具を使うことでのメリットは、体験の幅を広げることが出来るということです。

サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN  ブラック

サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN ブラック

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。