So-net無料ブログ作成
検索選択

リフトマン1 [スキー指導法]

リフトマンの朝は全体のミーティングから始まるところが殆どだと思います。

リフト線下の安全確認から始まり、
リフトの安全確認のために試運転、

リフトに乗る場所をホームと言いますが、
このホームもリフトの椅子(搬器)には高さの基準があり、
その点検、回りの安全確保のための作業があります。

そこまでのすべての安全が確認されると営業運転に入ります。

昔は今のような自動改札はありませんでしたので、改札は、一人ひとりの客から券を徴収していました、
現在は会社が違っても共通券も普及し、自動改札となっているところが殆どです、

乗り場位置には乗客係を置き、客の誘導を行います。
乗るときの補助、
搬器の正常を保つ(雪が付いていれば掃ってやる等)、
ホームの状態を正常に保つ、と言った仕事があります、

冬の、たち仕事のため小刻みに交替し行うと言った具合です。

降り場には監視係を置き、異常がおこれば対応する、
というところが見た目に見える一通りの肯定でしょうか、

ここも少し書き続けないと、リフトの仕事をしてる人に怒られそうですね。

ジャックウルフスキン テキサポールスキーグローブ

ジャックウルフスキン テキサポールスキーグローブ

  • サービス名: ナチュラム
  • 会社名: ナチュラム


サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

サロモン スキー X-Wing 4 +610 154センチ

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN  ブラック

サロモン スキー靴 ファルコンXR JAPAN ブラック

  • サービス名: 株式会社ワタナベスポーツ
  • 会社名: ワタナベスポーツ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。