So-net無料ブログ作成
検索選択

パトロール1 [スキー指導法]

海外のパトロールの活動内容は、概略でしか知りませんが

早朝から始まり、営業が終了するまで仕事をしています。

試運転の様子のチェックから、ゲレンデの安全確認を行うとリフトの営業運転が開始されます。

営業が始まると、朝方チェックした危険箇所の補修とか異変に対しての対応のため、交代でゲレンデを巡回します。
表面的にはその辺が主な活動ですが、
スキー場でイベントなどがあるとその会場の設営、回収。

また天候によっては雪崩の心配、

上越の苗場スキー場などは、急斜面も多く、吹雪になどなろうものなら直ぐに雪壁ができ、雪崩の危険があります。

パトロールは、この危険を回避するため、リフトの営業が始まる前に、その危険な場所の処理をしています。

そして、一般の方でも知っているパトロール業務を行っています。

また、ゲレンデの整備もパトロールの仕事で、今では専門のオペレーターがいるものの、大概は兼務が多いと思います。
大変な仕事です。

オンヨネ スキーウェア ONJ-97101 上下セット【消費税・送料無料!】

オンヨネ スキーウェア ONJ-97101 上下セット【消費税・送料無料!】

  • サービス名: クニスポ!ネット
  • 会社名: クニベ ドラッグ


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 1

パトロール、最近は新雪を滑りたいとかで
コース外の所を滑ったりする人がいるみたいですね
ルール守れない人増えている気がします。

スキー場でけが人を搬送するのを見ては
大変な仕事だなあと思っています。
目に見える仕事だけでなく
他にもたくさんあるのでしょうね
お陰様で楽しませてもらっています。
by (2007-09-11 21:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。