So-net無料ブログ作成
検索選択

現状の把握1 [知的障害者の指導]

目的を達成するためには、まず、現状を把握しなければなりません。

そのためには言いにくいこともはっきりと書いていかなければならないと思います。

これは通常起こっている現実です。

健常者と同じ班での構成となると、あまり経験のない指導員は私のところにやってきて、あの子は少し可笑しいです(指導員としては最低の言葉です)、などと泣きついてきます、手に負えないということです。

また、学校からの条件として、生徒のリフトに乗る回数は同じにしてくれなどと要求されることも有ります、

理由は一人々々違っていると、
同じ料金を払っているのにどういうことかとPTAからクレームが来るということです。

このことは、それぞれ感じることが違うかもしれませんが、
私的には、少々うんざりする話です。

指導員の目的は生徒に合わせてスキーを教えるのが仕事で、ワンパターンなものではないということです。

その生徒の条件に併せ工夫することが基本であると思っています。

できれば、その子の能力に併せた指導をしてやりたいものです。


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 1

スキーだけでなく、あり得ることですね
親はどうしても自分の子供を一番に
置きたいものですし、、、
何かを教える立場の人達は
日々葛藤しているのでしょうね

でも、スキーの好きな人達が増えるよう
頑張ってくださいね!
by (2007-09-10 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。